民間企業が社会貢献に取り組むことの、国内でのイメージについて思う事。。

pic_g181

民間企業が社会貢献に取り組むことの、国内でのイメージについて思う事。。

というタイトルで書かせていただきますが、思いやりジャパンネットワークの活動を開始して、数多くの民間企業にコンタクトを行いました。その際に、この思いやり・・・という名前が怪しく感じるのでしょうか・・・名前を言っただけで話さえ聞いていただけない事が非常に多くあるのが現実です。また、社会貢献事業として・・・という話の際、NPOではなく、民間企業だから営利目的?といったことを言われるケースもたびたびあります。

highschooltextbookそんな中、あるHPサイトを見つけました。http://akimotoshoji.blog.jp/archives/51488677.html

NPO法人G-net様のページです。社会的企業の事業例として、高校「政治・経済」の教科書に取り上げられている、素晴らしい団体様です。

そこで紹介されている社会的企業の事業例(教科書画像)を見てみますと、10の団体が掲載されており、その中の5団体がNPO、そして残りの5団体がなんと株式会社や有限会社なのです。

社会貢献=NPOのみが取り組む・・という固定概念がどこかに存在しているのではないかと感じられる今日の世の中において、もはや民間企業が積極的に社会貢献に取り組む世の中に移り変わりつつあるんだなと感じた瞬間でした。。

思いやりジャパンネットワーク事務局