20代にどんどん増える若年層ワーキングプア

【ワーキングプアとは】
「ワーキングプア」 とは汗水たらして一生懸命に働いているのに、いつまでたっても生活保護水準以下の暮らしから脱却できない貧困層のことを言います。このワーキングプアという言葉はアメリカで作られたものであり、日本では、「働く貧困層」 とも 「21世紀の奴隷階級」 とも言われます。しかもこのワーキングプアは20代の若い世代にどんどん増加しているのです。

working-poor-generation

上の図は厚生労働省の平成19年度の 「賃金構造基本統計調査」 による年収200万未満の労働者を年代別に表したものです。日本ではる年収200万未満の労働者をワーキングプアとみなしていますので、これはワーキングプアを年代別に表したものでもあります。ご覧のようにワーキングプアは全ての年代で30%以上を超えており、年収200万未満の労働者が1,000万人以上いることも納得できます。そして特にワーキングプアが多い年代が、20~24歳の若年層と50歳以上の中高年です。本来これから社会を担うべき若い世代がどんどんワーキングプアとなっているのです!

今後、高齢者・ひとり親世代だけでなく、若年層の支援にも取り組んでいきたいと考えています。