よくある質問(FAQ)

Q.思いやりジャパンネットワーク事業とはどのようなものですか?

A.様々な事情があり、入居にお困りの、ひとり親世帯、そして高齢者世帯を対象に、1室からでも空室をオーナー様から借上げ、保証人の代わりとなり、転貸することで、物件提供支援を行っています。

Q.一般的な不動産賃貸情報サイトに掲載されている物件と、思いやりジャパンネットワークが掲載する「おもいやり物件」の違いをおしえてください。

A.「思いやり物件」の特徴は、全物件が思いやりジャパンネットワークが保証人を肩代わりする、保証人サポート物件である、という部分です。一般的に利用される保証会社の保証を受ける事ができなかった方でも、「思いやり物件」であれば入居できる可能性がございます。

Q.実際のサポートの流れを教えてください。

A.入居にお困りの、ひとり親世帯、そして高齢者世帯が現れた際、思いやりジャパンネットワークが入居者の代わりにオーナーと法人契約を結びます。基本は7割の賃料で1年間の借上げが基準となります。更に入居者とも法人で契約を結びます。物件管理、契約等は、不動産管理会社様にお任せする流れとなります。

Q.思いやりジャパンネットワークの実績を教えてください。

A.思いやりジャパンネットワークは、2015年10月に立ち上がったばかりの支援組織です。そしてスタート後わずか2週間で2世帯の入居契約が決まるなど、反響を得ています。この貢献事業を今後全国的に展開していく予定です。

Q.なぜ、オーナー様からの借上げ家賃が7割で、貸し出す価格が7割ではなく、10割の家賃設定額なのですか?

A.理由は2点ございます。
1点目ですが、この仕組みは、思いやりジャパンネットワークがオーナー様の空室を1年単位で借上げ、オーナー様に安心していただく事が必要です。ただ万が一、入居者が数か月で退去された場合、残りの契約期間分の家賃は回収できないリスクが発生いたします。もしくは高齢者の場合、万が一お亡くなりになるリスクもより高くなります。この事実が、現在社会問題化しているにもかかわらず、非営利組織が参入しにくい障壁となっていると、我々は感じています。そこで、我々が営利企業の特性を利用し、あえてこのリスクを取る代わりに、オーナー様へ7割でのお願いをしている状況になります。

2点目ですが、この仕組みは、思いやりジャパンネットワークだけでは成立しません。全国のNPO等支援組織との協働が必要となってきます。我々は少しでもこういった全国の支援組織に、営利企業として寄付支援を含め、活動をサポートしていきたく思っており、この仕組みは、オーナー様へ7割でのお願いをなくして、成立できない事業となるからになります。

Q.思いやりジャパンネットワークのその他支援活動を教えてください。

A.思いやりジャパンネットワークは、全国のひとり親世帯・高齢者世帯支援を支援するNPO等社会貢献団体の支援をスタートしています。こちらも今後随時、HPにアップしてまいります。

Q.ひとり親世帯(高齢者世帯)ですが、HP記載の物件を借りたいのですが、どうしたらよろしいですか?

A.まずは、思いやりジャパンネットワーク事務局 03-5981-5660、もしくはこちらよりお問合せください。

Q.ひとり親世帯(高齢者世帯)ですが、必ず物件を借りれますか?

A.賃貸契約を保証するものではございません。まずは、思いやりジャパンネットワーク事務局 03-5981-5660、もしくはこちらよりお問合せください。

Q.不動産管理会社ですが、HPに物件掲載をお願いしたく思っております。どうしたらよろしいですか?

A.まずは、思いやりジャパンネットワーク事務局 03-5981-5660、もしくはこちらよりお問合せください。